体も彫刻並み!阿部寛の肉体美

本名  阿部 寛(あべ ひろし)

abehiroshi

1964年6月22日生まれ 神奈川県横浜市出身

血液型 A型

学歴 中央大学理工学部 電気工学科卒業

身長189cm  体重 75Kg 靴 27cm

趣味 テニス、古武道

デビュー 1983年 大学在学中にモデルデビュー
雑誌「メンズノンノ」創刊以来、3年6ヶ月表紙を飾る。
大学卒業と同時に、「はいからさんが通る」で映画デビュー

実はかなり苦労人の阿部寛さん。高身長でくっきりとした顔立ちが特徴で日本人離れしている実力派俳優ですが、実は、そんなユニークな見た目がネックとなり人気が低迷していた時期も長くありました。大学卒業時にはバブルがはじけてしまったタイミングで多額の借金を抱えてしまった事もあり、仕事のプレッシャーとダブルで追い込まれたにもかかわらず、きっちりと借金返済し、実力をまた見せつけました。肉体のみならず、メンタルもかなりタフな男らしい人なんですね。


役に成りきる為の俳優魂を感じる。阿部寛の筋トレが素晴らしいと話題

阿部寛と言えば、”超”が付くイケメンで身長も189cmと高く、大人の男の色気を持ち合わせていましたが、現在では更に渋味を増して3枚目までも演じることが出来る俳優として大人気です。
お風呂映画「テルマエ・ロマエ」では、鍛えられた素晴らしい筋肉美を惜しみ無く見せ付けられました。
既に50代に入っている阿部寛が、その筋肉美を作り上げたエピソードを見ていきたいと思います。

 

ギリシャ神話の石像をイメージ

%e3%83%86%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%a8%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%82%a8

阿部寛は、お風呂映画「テルマエ・ロマエ」の主役に決まってから、かなり筋トレに入れ込んだようです。それもその筈、テルマエ・ロマエで主役を演じる上で、監督から理想として手渡されたのは、ギリシャ神話の「石像」だったそうです。そして、石像のイメージを作り上げる為の筋トレの日々が始まったのです。
阿部寛の筋肉は「細マッチョ」とは違い、男らしさの中にもギリシャ神話の石像をイメージ出来るように、全身身体の筋肉をバランス良く太くしたもので、正に筋肉美を感じさせるものです。
筋トレは撮影の合間も、例えパンツ一枚でもスクワットで下半身の筋トレをしたり、現場の重い消火器を抱えてみたり、マネージャーを肩車してスクワットをするなど、いつでも何処でも筋トレを続けたようです。役に成りきる為の俳優魂を感じますね。
阿部寛の若さの秘訣

阿部寛が若々しさを保つその秘訣は、日々の隙間時間を利用した筋トレにあると思います。
筋トレによって増大した筋肉は、基礎代謝を高めることに繋がってカロリーを消費し、無駄な肉が付くことを防ぎますし、筋トレそのものが血流を高めてくれるので、身体の新陳代謝を活発にしてくれる効果が、阿部寛のアンチエイジングに繋がっているのは間違いのではないでしょうか。仕事の現場からも、”紳士的”だと評価される彼ですが、「何でもチャレンジ」する姿勢を持ち続ける精神が内面の美しさを表していますね。

hiroshiabe

監督から手渡された石像のイメージを本気で目指す素直な気持ち、役者魂が阿部寛の凄いところでしょう。筋肉を鍛える為なら「 何でも使う」という阿部寛の筋トレ法も、是非見習いたいものであると思います。

About the Author

2000

No Comments

コメントを残す